人間関係が苦手でもお金を稼ぎ幸せになる!

自分の長所を知る!新しい自分を見つける!

人間関係が希薄になる原因と対処法!もっと堂々と主張してもいい!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

友達、たくさんいますか??

友達ゼロ人間ryoichiです。

人間関係が希薄で友達がいないけど、それが他人からどう思われるのかが気になるってことありませんか?

私は気にしていました。

特に、学生時代。

学生の時は閉鎖的な空間の中で生きていかないといけないので、本当に大変でした。

では、なぜ人間関係が希薄になってしまうのでしょうか?

今回は人間関係が希薄になる原因と対処法をまとめました!

 

スポンサーリンク

人間関係が希薄になってしまう原因

では、私の人間関係の希薄さを知って頂いた上で、人間関係が希薄になってしまう原因を紹介していきます。

人間関係はなぜ希薄になってしまうのでしょうか?

その原因に迫りました。

 

連絡を取る頻度が少ない

連絡を取る頻度が少ないのは人間関係が希薄になる大きな原因です。

密に連絡を取り合ってないと、どんどん疎遠になっていってしまいます。

気付いたら、連絡先が変わっていたなんてことも・・・

連絡をマメに取らないことが人間関係を希薄にしてしまう原因の一つです。

 

外に出ない

基本的に外に出ないで、家の中で過ごしてしまう。

それによって、人間関係が希薄になっている場合があります。

家の中がものすごく楽しいので、人間関係を構築する意味があまりありません。

外に出るのが好きじゃない人に多い傾向です。

 

仕事が忙しい

仕事が忙しすぎて、時間がなくなってしまい、人間関係が希薄になってしまうパターンもあります。

このパターンの場合はなかなか改善が難しいです。

人間関係が希薄になっている人の多くがこのパターンじゃないでしょうか??

仕事関係者以外とは全く人付き合いがない人もたくさんいます。

 

小さい頃から人間関係が苦手

小さい頃から人間関係が苦手で、友達があまりいないというパターンも考えられます。

これは小さい頃からの性格の問題です。

小学校・中学校の頃からの積み重ねで、人間関係が苦手になっていて、それが人間関係の希薄さに繋がっています。

 

人間関係が希薄になってしまった時の対処法

人間関係が希薄になってしまった時はどうやって対処したらいいのでしょうか?

友達ゼロ人間が考える対処法を紹介します。

 

一人の時間を楽しむ工夫をする

人間関係が希薄でも、楽しい生活を送るために、一人の時間を楽しむことはとても重要です。

友達いないのならば、いないなりの楽しみ方があります。

一人での休日の遊び方をまとめた記事もあるので、よかったら見てみてください!

 

自分の強みを生かす

自分の得意なこと・好きなことに従って生きると、見えてくるものが変わります。

例えば、私は苦手なものが人間関係。

得意なものは一人で作業することでした。

なので、今は一人での作業を中心に生活しています。

昔から一人でも苦じゃなかったなぁと思ったてたんですが、それをさらに強めてくれたのは2つの診断でした。

それは、

です。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は無料で会員登録を行うことができるので、かなりお得です。

ストレングス・ファインダーは本を買わないといけないんですが、その分細かく診断することができます。

実際に私が診断した結果をまとめた記事もありますので、よかったらご覧ください!

 

主張すれば共感・呼応してくれる人が現れる

「友達がいません」というのはマイナスの感情を発信しているようで、なんだか後ろめたくなってしまいます。

でも、人間は負の感情にこそ、呼応しやすいのです。

喜怒哀楽の「怒」「哀」の部分です。

人生の記憶を辿っていくと、〇〇で笑わされたという記憶よりも、〇〇で泣かされたという記憶の方が深く刻まれているのではないでしょうか?

負の感情を表に出すのは勇気がいります。

でも、負の感情を出すことによって、共感が得られるのです。

自ら抱え込む必要はありません。

負の感情は出してもいいんです。

どこかで出さないと必ず破綻します。

私も学生時代の頃は友達がいないことをあまり表立って言うことはできませんでした。

あまりというか全く言うことができませんでした。

でも、学生を終えたら、言えるようになりました。

そこで、わかったこと。

「友達がいない」「人間関係が希薄」「人間関係が苦手」「人間が苦手」

そういったことを主張してもいいということです。

 

人間関係が希薄なのは悪いこと?

人間関係が希薄で、友達がいない人って、二つに分かれることが多い気がします。

  • 友達が本当は欲しいけど、友達ができない
  • 人間関係は面倒なので、友達を作りたくない

友達が欲しいのに、友達ができない。

これは結構辛いと思います。

私は人間関係が面倒なので、友達を作りたくない派。

だから、友達がいなかったら以内で割り切れますし、今現にこうやって一人で生活しているわけです。

でも、友達が欲しいのにできないとなると、欲求が満たされず大変です。

すごく悩むと思います。

 

友達いないは悪くない。

友達がいないことは決して悪いことではありません。

でも、それを解決したいなら、道は2つです。

  • 1人に強くなって、1人でも楽しめる人生にする
  • 友達を作るために、しゃかりきになって動く

この2つ。

どうしても友達を作りたいなら、動くしかないんです。

それが現実です。

もし、それができないのであれば、1人でも楽しめる人生にするのも、私はアリだと思います。

だって、友達がいたとしても、結構時間合わないし、結局1人で過ごさなきゃいけない時間が長くなってきますし・・・

友達が異動してしまうかもしれません。

そうなったら、友達と会うことができません。

友達が結婚するかもしれません。

子どもが産まれるかもしれません。

そうなった時にあなたは・・・一人で行動しなければなりません。

 

人間関係が希薄すぎて2018年は他人とご飯を食べてない(5月末現在)

まずは私の人間関係の話を少しさせて頂きたいと思います。

2018年、この記事の執筆は6月に行なっていますが、まだ誰とも食事をしていません。

2018年全ての食事を1人で取っています。

これから先、もしかしたら誰かとご飯を食べることになるかもしれません。(その可能性は低いですが)

でも、今の時点では誰とも食べてません。

世の中にはそんな人もいるんだと思っておいてください。

もし、あなたが今年1回でも、他の人と食事を摂ったと言うのなら、私のとって、それは友達がいるということです。

私はお正月も1人家で、スーパーの弁当を食べ、牛丼屋に行き、定食屋に行っています。

居酒屋やレストランには行きません。

酒も飲まないですし、レストランに1人で行っても、時間がかかるだけです。

全く行きません。

焼肉にはたま〜に行きます。

1人焼肉です。

これは結構イケてます笑。

こんな状況が2018年現在のryouichiの状況です。

どうですか?

引きましたか?

でも、これが現実なので、仕方ありません。

小さい頃から積み重ねてきた人生が今に繋がっているのです。

こういった発信を最近し始めるようになりました。

主張を始めました。

でも、1人だからといって悲観する必要はないんです。

だって、私自身友達がいない今が結構楽しいですから。

 

人間関係が希薄なのは学生時代から

もともと人間関係がそんなに得意な方ではありませんでした。

小学校の頃は友達と遊んでたりしましたが、次第に遊ばなくなっていました。

中学はだんだんと遊ばなくなり、高校では学校以外で人と会うことはパッタリなくなりました。

大学は楽でした。

1人で行動していましたが、大講義室での授業だったので、気楽なもんです。

そんな流れで、高校以降は友達と遊ぶことがてっきりなくなってしまい、今に至ります。

 

友達を多く作ったら、本当に人生が楽しいのか?

 

実際に友達を多く作ったら、楽しいのでしょうか?

私は全くそう思いません。

今でこそ全く人と食事すらしなくなりましたが、昔は多少食事に行ったりもしました。

学生時代なんかは机を寄せ合って、給食を食べたり、修学旅行なんかでも、みんなと一緒に食事を食べたりなんかしましたが・・・

人と食事をして、楽しいと思ったことは1度もありません。

基本的に1人で淡々と作業するのが好きで、1人でいろいろとやりたい人間です。

なので、友達がいなければいないほど楽しいのが現実です。

そんな人、超希少人種でしょう笑

あなたはどうですか?

本当に友達が多くいることが幸せですか!?

 

希薄な人間関係が楽しい人だっている

人間関係が希薄でよかったなぁと思うことは多々あります。

  • 時間を自由に使えるようになった。
  • 人に気を使わなくてよくなった
  • めんどくさい連絡が全くこない
  • お金が結構貯まる笑

よかったことはたくさんあります。

唯一心配は自分が倒れた時に、どうにもならないということぐらいで、1人で生きるのが自分の生き方には合っていたのです。

それに気付かず、友達を作ろうかなと思ったこともありました。

でも、そういう行動を起こす度に、生活が楽しくなくなっていった。

これは事実です。

 

最後は自分の道を自分で選ぶべし!

 

  • 人間関係希薄のままでいい。
  • 今の状況を改善したい。

みんながそうだからではなく、どちらの方が自分の身の丈にあってるかで、道を選びましょう。

私は一人だとエネルギーが充満してきます。人といると、エネルギーが失われていきます。

だから、私はほとんど一人でいます。

病気になった時、家で倒れた時、どうにもならないかもしれません。リスクはあります。

それでも、一人でいる状況を選んでいるのです。

正直、友達を作るべく努力するのか、1人で生きていくのかなんて、どっちでもいいんです。

大事なのは「自分にとって、ベストなことを人の意見ではなく、自分自身で判断していくこと」です。

友達をゼロにしますと言えば、周りの人はほぼ全員反対するでしょう。

でも、その声に押されて、友達を作りをしまくっていたら、今頃疲弊して、とんでもないことになっていたはずです。

数回友達を作りにいっただけで、心のモヤモヤが凄かったんですから。

 

人間関係希薄でもいい〜まとめ〜

とにかく、一番大事なことは「自分で判断すること」です。

100人中99人が幸せなことでも、自分が幸せとは限りません。

100人中99人が楽しいことでも、自分が楽しいとは限りません。

これを深く心に刻んで、自分の道は自分で選びましょう。

雑音を消して、自分の道を選びましょう。

あなたにとって、本当に嫌なこと、本当に楽しいこと、本当に悲しいこと、本当に嬉しいことが見えてくるはずです。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コミュ力ゼロ人間でも人生謳歌! , 2018 All Rights Reserved.