人間関係が苦手でもお金を稼ぎ幸せになる!

自分の長所を知る!新しい自分を見つける!

自分を好きになる方法!辛い人生を考え方一つで一気に変える!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

自分をどうしても好きになることができない!

自分が超絶大嫌い!!

そんな考え方を今から少しずつ変えていきませんか?

自分が嫌いだと何もいいことが起きません。

表情も悪くなりますし、毎日が楽しくなくなってしまいます。

自分を好きになりましょう!

今回は「自分を好きになって、人生を変える方法」を徹底的に紹介します!

 

スポンサーリンク

自分を好きになる方法

自分を好きになる方法をいろんな角度からまとめました。

自分が嫌いだとなかなか行動に移すことができなかったり、チャレンジ精神がなくなったり、生きるのが辛くなりがちだったり、いいところは全くありません。

まず、自分を好きになりましょう!

 

生活習慣を見直す

生活習慣を見直すのもものすごく重要です。

朝ごはんを食べていなかったり、良質な睡眠を取れてなかったりすると、それは気分に影響します。

常にイライラした状態で過ごしてしまったり、常に不機嫌だったり・・・

結果的にそれがよくない方に働いてしまい、自分に対してイライラしたり、自分に対して怒りの感情が沸き起こりがちだったりしてしまいます。

それはよくありません。

健康状態が自分を苦しめるのはよくあることなので、自分にポジティブな感情を抱けない人は生活習慣を一度見直してみましょう!

 

写真をいっぱい撮って飾る

写真をたくさん撮って、家に飾るのは効果がある方法です。

自分が嫌いな人はなかなか写真を飾るのは難しいですし、写真を撮るのが嫌いな人が多いもの。

でも、それを乗り越えて、写真を撮ったり飾ったりすることによって、自分が好きになります。

私も写真を撮るのは全く好きではありませんでしたが、今はできるだけ写真に残すようにしています。

自分を見ることによって、だいぶ意識が変わってきますので、試してみてください!

 

自己暗示

自己暗示をかけるのもかなり有効です。

言葉の力はやはり絶大で、それがいい方にも悪い方にも向かいます。

いい方にも悪い方にも向かうんだったら、言葉をいい方に使っていきましょう。

できるだけ自分に対して、プラスになる言葉を毎日掛けてあげることで、だんだん自分が好きになっていきます。

「そんなの効果ねーだろ」

とバカにしていると、痛い目を見ますよ。

自己暗示を恥ずかしがらずに、どんどん掛けていきましょう!

 

運動・筋トレをする

いい体を手に入れることも自信に繋がります。

人に会ったりしたり、外を出歩く時には見た目の自信もものすごく大事になってきます。

なので、軽い運動や筋トレを生活の中に取り入れることはものすごくオススメです。

筋力をつけると動くのが好きになりますし、体も引き締まってくるので、効果抜群。

自分を好きになることにも繋がります。

 

を好意的に受け止める

人を懐疑的に批判的な目で見ていると、それは自分にも跳ね返ってきます。

逆に人を好意的に受け止めていると、それも自分に跳ね返ってきます。

人を疑ってばかりいると、自分も疑ってしまいますが、人を受け入れていると、自分も受け入れることができるようになってきます。

何事も好意的に受け止めることができるようになると、自分を好きになっていくので、何事も好意的に受け止めるように心掛けましょう。

 

ネガティブな情報に触れないようにする

インターネットなどを見ていると、ネガティブな情報を見てしまいがちです。

SNSやヤフコメを見ると、ものすごくネガティブな情報に溢れていることが多々ありますよね?

そういうネガティブな情報を目にするといいことが全くありません!

ポジティブな人はそういうネガティブな情報を嫌い、常にポジティブな情報に触れています。

ネガティブな情報に触れて、自分が好きになるなんてことは絶対にありませんので、ネガティブ情報には全く触れないようにしましょう。

 

  テレビを極力見ない

テレビでは事件の話題などが数多く取り扱われます。

バラエティーを見るのは別ですが、事件のニュースなどを毎日見ていると、だんだん暗い世の中を想像して、ネガティブになっていきます。

なので、テレビをあまり見ないようにするか、ポジティブで前向きになれる番組だけを見るようにしましょう。

人をこけ下ろすようなゴシップネタなどを見続けるのは楽しいことかもしれませんが、自分を好きになるからはどんどん遠ざかっていってしまいますので、注意が必要です。

 

本を読んで自分を高める

自分を好きになるために、本を読むことも効果大です。

モチベーションを上げる自己啓発本であったり、偉人の本だったり、漫画も効果があります。

自分を好きになるために、本の力を借りましょう!

この本はオススメの本です。

そして、お得に本を読むなら、kindle unlimitedというサービスがあります。

上の2冊はこのサービスでは読めませんが、電子書籍が月額980円で読み放題、初回登録30日間は無料で利用できます。

本を買うお金がないという方はkindle unlimitedで、本を読んで見てください!

Kindle Unlimited対象の本の中でのオススメは以下の本です。

Kindle Unlimitedの登録は以下のボタンをクリック!

 

自分の長所を100個書き出す

自分が好きになれないのは好きなところではなく、自分の嫌いなところが目につくから。

嫌いなところに目がいってしまうと、どうしても自分を好きになることができません。

なので、あなた自身ができることだったり、長所だったりを探していきましょう。

そうすることによって、自分のいいところに目が向くようになります。

そして、具体的に自分の長所を書き出してでましょう!

できれば、100個!!

100個長所を書き出すことができれば、自然に自分を好きになっていきますよ。

 

長所がどうしても見つからないにオススメする方法

長所を見つけたいと思っても、どうしても見つからない・・・

そんなこともあるはずです。

自分で長所を書き出すのが難しいというあなたはあなたのよさを発見してくれるツールがありますので、それを使ってみましょう!

がオススメツールです。

特にリクナビNEXTのグッドポイント診断は無料でできるので、お金を掛けたくないあなたにはオススメです。

ストレングスファインファーは本を買うことで、診断をすることができます。

詳しい診断の中身については以下の記事にまとめたので、是非見てみてください!

 

占いも効果あり

私は他に占いにも行きました。

占いに行ったのは後にも先にもこの1回きりですが、実際に対面で見てもらうと、ものすごく緊張感があって、いろんなことを占ってもらえます。

占いに興味がある方は是非占いにも挑戦して見てください!

新しい発見がありますし、聞きたいことが聞けますよ!

 

自分を好きになるには習慣を変えよう!

自分を好きになるには日々の習慣を変えることがものすごく大切です。

例えば、朝起きてスマホをいじる習慣があって、人の悪口や誹謗中傷が目に入ってしまう環境にあると、それだけで自分が好きなものからは遠ざかっていってしまいます。

その習慣をスクワット10回に変えるだけでも、少し変化が出てきます。

たった10回と言われるかもしれませんが、ネガティブ情報に触れない上に、運動できる効果は計り知れないものがあります。

自分を好きになる方法はこの記事に書いてますので、まずは少しずつ習慣を変えていきましょう。

毎日の習慣が自分を好きになる習慣に変わっていけば、どんどん自分のことが好きになっていきますよ

 

毎日1つずつ習慣を変える

「自分を好きになる習慣から、遠ざかってる習慣があるな!」

と思ったら、まずはその習慣を変えましょう。

  • ネガティブな情報に触れている時間を運動する時間に変える。
  • 夜にウダウダしてしまっているなら、自己暗示をかけてから寝る。
  • 部屋の自分の写真を置いてみる。

こういったことをしていくだけで、少しずつ効果が出てきます。

自分を好きになる習慣を少しずつ増やして、だんだん自分を好きになっていきましょう!

 

まとめ:自分を好きになる時間を増やそう

自分を好きになる時間を増やすのはとても大事です。

「好き」「楽しい」に囲まれた生活を送っていると、人生がどんどん楽しくなっていきます。

そして、それが自分を好きになることに繋がっていきます。

今回挙げた方法を整理すると・・・

  1. 生活習慣を見直す
  2. 写真をいっぱい撮って飾る
  3. 自己暗示
  4. 運動・筋トレをする
  5. 人を好意的に受け止める
  6. ネガテイブな情報に触れないようにする
  7. テレビを極力見ない
  8. 自分の長所を100個書き出す

こういった方法を実践していって、少しずつ自分を好きになっていきましょう。

そうすれば、今よりも楽しい人生が待っていますよ!!

自分を好きになって、最高の人生を歩もう!!

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© コミュ力ゼロ人間でも人生謳歌! , 2018 All Rights Reserved.